MUSIC SCRAPS 005:”1億年レコード / まつきあゆむ”

Service  >> Delicious | Hatena Bookmark | Twitter

image

2010年元旦にリリースされたばかりの、まつきあゆむのアルバムです。このアルバムはダウンロード販売のみで購入が可能です。しかも、既存の音楽配信サイトなどを利用することのない、画期的な流通方法でリスナーに届ける仕組みになっています。

その辺りは、「1億年レコード」特設サイトのQ&Aに詳しいので、引用させていただきます。

「1億年レコード」 Q&A

Q. 「1億年レコード」って何ですか?
A. まつきあゆむの約1年半ぶりの新譜(ダブルアルバム)です。

Q. どうやって買うんですか?CDショップでは買えないの?
A. 「1億年レコード」は本サイトからのダウンロード販売のみになっております。申し込み専用メールアドレスから必要事項を記入してお申し込みください。

Q. どこのレコード会社からの発売なんですか?
A. 「1億年レコード」はまつきあゆむ本人が発売元です。まつきあゆむからリスナーにダイレクトに届けます。

Q. ダウンロード販売の売り上げはどうなるの?
A. すべて、まつきあゆむ個人の収入となり、これからの音楽活動に全て還元されます。

創作者とリスナーが、ダイレクトに繋がる仕組みになっています。このシステムに関しての個人的な感想は、以前「音楽家のこれからの活動の仕方を、まつきあゆむさんに学ぶ。」で書きましたので、ご参照ください。

そんな画期的な流通手段で手元に届いたアルバムですが、音の方も期待通りの素晴らしい出来です。オリジナリティと普遍性を兼ね備えた珠玉のポップ・ソングが、たっぷりと28曲詰まっています。ほとんど一人で作り上げたからか、楽曲の細部に至るまで統一されたセンスが感じられ、良くも悪くも分業制で制作している昨今のポップ・ソングとは一味違った、言うならば「濃さ」のようなものがあります。
抽象的な言い方にはなってしまいますが、その根源はきっと「好きにやっている感」だと思うんです。作るところから、リスナーに届けるところまで、自分で納得のいくようにやっているからこそ、あれだけ魅力的な音楽が生み出せるのだと思います。

日本のポップ・ミュージックが新しい時代に突入しているような、そんな感覚を感じさせてくれるまつきあゆむのアルバム。ウェブサイトではフリーダウンロード音源も用意してありますので、ぜひ聴いてみてください。

2010.1.13 update

タグ: ,

関連記事