No.015 : 偶然と、自然と/yurichi

Service  >> Delicious | Hatena Bookmark | Twitter

今回のゲストはミュージシャンのyurichi。関西を拠点に全国各地で活動するガールズバンド”ねぐりぢぇ”のキーボードです。大阪らしい強さで、一度耳にしたら忘れられない音楽を発信する彼女たち。一体どういう経歴があって今のバンドがあるのかと訪ねてみたところ、彼女はとても楽しげに語りだしてくれました。「偶然」だと。
yurichi
yurichi
1987年、大阪生まれ。ガールズバンド”ねぐりぢぇ”のキーボード

木村彩人(以下A) – 高校のときに結成したバンドが”ねぐりぢぇ”?

yurichi(以下Y) – そうそう。高校のときに入った軽音部の中のメンバーで。軽音部には毎年40人くらい新入部員が入ってきて、全校で100人くらいいて。

A – 100人もいたの??もし全員プロならちょっとした大手メジャーレーベルじゃん(笑)

Y – そう、ほんまに(笑)軽音部では毎年9月くらいに”バンド組替え”っていうのがあって。めっちゃ厳しい部活で、夏休み中でも休みがなかってん。そういうのに耐えられない子がどんどん辞めていってしまうから、それぞれのバンドが成り立たなくなってしまうねんな?メンバーがどんどん抜けるから。だから夏休みが終わる9月頃に、バンド組替えっていうのが伝統的に行われていた(笑)組替えをするときはまず部員がそれぞれ「誰々とバンドをやりたい」っていうのを紙に書いて、回収する。それを先輩たちが開いて、もしお互い名前を書き合っている子がいたらそれを組み合わせていって、バンドができていく。

A – すごいシステムだなあ。両思いならいいけど、当然片想いもあるんでしょ?(笑)

Y – もちろん(笑)で、最後に先輩が結果をみんなに発表して、バンド結成っていう感じ。そして高校1年のバンド組替えの時に誕生したのが”ねぐりぢぇ”。

A – 本当にたまたまできたバンドなんだね。

Y – そう。それもウチが紙に書いていたのとほとんど同じメンバーで。ウチらの場合はちゃんとライブをしたいし、ちゃんと活動をしたいっていうメンバーが集まっていた。普段の会話でそういうことってわかるやん?あー、あの子は遊びでやりたいだけやねんなーとか。そういう会話をしていたからかな、バンド組み換えの時に、自然とお互いの名前を書き合っていて。

4

A – 全校で部員100人っていうことは、やっぱり学内で一番人気のある部活だった?

Y – うん。けど部活はほんまに厳しかった。顧問の先生に「今日から自分らのことを芸能人なんやと思え!」って言われたりとか(笑)熱血の先生やった。

A – すごすぎる(笑)俺の高校にそんな熱心な部活ってなかったなあ。そもそも軽音部もなかったから、音楽をやりたいっていう奴は勝手にやっていた。学園祭の体育館ステージでブルーハーツを演奏したやつはとりあえずヒーローになっていた感じ。

Y – 普通はそうやんなあ。ウチの軽音部は毎日授業が終わったら部室前に集合して、各パートごとに練習があってん。

A – え?バンドごとに練習じゃなくて?

Y – うん、パートごとやねん(笑)軽音部に入って初めてギター触る子とかもいっぱいいるし、そこで先輩に教えてもらうねん。ボーカルの子たちなら先輩に連れられて、まずはマイクを買いに行くところから始めたりとか(笑)

yurichi2

キーボードを始めたのは成り行きだった

Y – ウチの部活でキーボードって人気がなくて。女の子なら昔ピアノを習ってたっていう子は多いやん?だからわざわざ軽音部でキーボードをやろうって思う子は少なくて。でもそれでキーボードだけ少ないとバンドを組むときに数が合わなくなるから、人数合わせのためにくじ引きをして、ハズレを引いた子には「キーボードに行け!」ってなっちゃう(笑)
実はウチも最初はベース希望で、くじ引きをして。そうしたらウチは見事当たってたんやけど、くじ引きに外れてしまった男の子が見るからにキーボードなんて弾きたくなさそうな感じで(笑)かわいそうやったから「ウチがキーボードやるわ!」ってくじ引きを換えっこしてん。それでたまたまキーボードを初めて。

A – 本当にたまたまだね(笑)どれかひとつでも偶然が抜けていたら、全然違うバンドでベースをやっていたかもしれないってことでしょ?

Y – そうそう。ウチは小さいときにピアノを習ってたんやけど嫌いになってやめてしまって。キーボードも元々弾きたくなかったから、好きになれなかった。ねぐりぢぇを結成してもう8年目になるけど、キーボードを好きになれたのはほんまに最近。それまでは「ウチは成り行きでキーボードなんです」っていう気持ちから抜け出されへんまま、ずーっとやってた。

3

Y – 師匠にキーボードを教えてもらうようになってからは、その辺の意識が変わってきて。あ、キーボードってかっこええやん、みたいな。

A – その師匠とはどうやって知り合ったの?

Y – それがな、実はmixiやねん(笑)たまたま師匠のページに飛んで、そのときにめっちゃ気になるって思って、けどその時はスルーしてん。それがその後すごい気になってきて、もう1回その人のところに飛んだら視聴できる音源があって。それを聴いて「やばい天才やー!」ってなって、ライブを見に行くようになったり、長文でキーボード教えてくださいっていうメッセージを送ったり。最初は「なにそれ?」って感じの反応やったんやけど、そっから押して押して、教えてもらえるようになったり、レコーディングも手伝ってもらったりできるようになった。

A – そうやってmixiでつながったっていう話を自分ら以外の世代に言うとびっくりされるけど、よかった、俺だけじゃなかった(笑)実はこのKALENO.netを一緒に運営しているワタベも、高校生のときにmixiで知りあったんだよね。

Y – そうなんや??

A – 当時は会員数も少なかったしね。ワタベが8万人目くらいで、俺が20万人目くらい。当時は同い年を見つけたらとりあえずマイミク申請しちゃうっていうくらい、同い年は貴重な存在だった。その流れでマイミクになったメンバーのうちの1人がワタベカズキ。それからお互い東京で社会人になって、一緒に始めたのがKALENO。もしあの時mixiがなかったら、このサイトは生まれてなかったんだよね。

Y – すごいよなあ。mixi。今じゃ個人だけじゃなくて、師匠のバンドとねぐりぢぇっていうバンド同士でも仲良くさせてもらってるし。mixiはやってて良かったなって思ってる。

Sennheiser / CX 300

yurichi6

A – 今日持ってきてくれたものは?

Y – めっちゃ考えたんやけどさあ、ウチしょうもないもんしか持ってなくて(笑)日常で肌身離さず使ってるものってなんやろうって思ったときに、これやなって。そう、このイヤホン。

A – お、さすが。音楽やってるっぽいじゃん(笑)ちなみにメーカーは?

Y – そうやろ?(笑)メーカーはゼンハイザー。音が全体的にフラットで、ちゃんと上から下まで満遍なく聴こえる。エンジニアさんに連れていってもらった試聴コーナーでいろんなイヤホンをつけてみて、もっと高いイヤホンもいっぱい試してみてんけど、その中でもつけた瞬間に「これや!」ってなったのがこのイヤホンで。

yurichi5

A – イヤホン選びって難しいよね。一定のラインを超えるともう好みでしか選びようがないし。それにしてもゼンハイザーでピンクって珍しいよね。黒しかないと思ってた。

Y – かわいいやろ?黒が売り切れていたからピンクにしただけやねんけど(笑)
実はこれは2代目で、最初に買ったやつはミニアルバムをレコーディングしているときに壊してしまってん。いつも聴いてる音でレコーディングしたかったから、敢えて大きいヘッドホンじゃなくてこれをつないでたんやけど、壊してしまったときはもうウチのテンションがガタ落ち(笑)
「いやや〜ウチこれが壊れたらレコーディングできませ〜ん。。」って半泣きで言って迷惑をかけてたら、スタッフさんが新しいのをネットで注文してくれて、「明日には届くからな?これでレコーディングできるからな?」って諭してくれて(笑)

A – (笑)

Y – それに、いろんな人の曲を聴いて勉強したりするねんけど、このフラットなイヤホンで聴くと演奏している人のこだわりみたいなところが聴き取りやすくて。はっきりした音が出るようなタイプのイヤホンやと、そういうこだわりみたいなところが全然聴こえてこないから。

好きなものは?

yuruchi7

A – yurichiって好きなものいっぱいあるよね?

Y – そうかな? あ、でもとにかく食べ物は大好き(笑)今回のインタビューでも最初ナマコかつぶ貝を持ってこようかと思ってたくらいやもん(笑)和食が特に好きやねん。ウチ料理はできひんけどナマコだけは捌けるんやで!(笑)

A – 俺料理はするけどナマコは捌いた事ないなあ(笑)食べ方にもこだわりがあるの?

Y – 生のナマコに大根おろしとポン酢とか、スダチとか。あ、味噌と大根おろしもめっちゃおいしいで!大根おろしと味噌をがっさーって混ぜて、その中に切ったナマコを入れて、わっさーって混ぜる。ほんで食べる。その瞬間がすごく幸せ(笑)
ナスときゅうりも好きやし、炊き込みご飯も好きやし、ショートケーキのいちごも好きやし・・・

A – なんかイヤホンの話をしているときより楽しそうじゃん?(笑)その内KALENOでも食べ物の特集はしたいんだけどね。

Y – やろう!食べ物やろう!おいしい食べ物はウチに任せて(笑)

yuruchi8

2010.2.14 update

タグ: ,

関連記事