iPhoneを実用的なスナップトイカメラに変身させる無料アプリ”MORE LOMO”

Service  >> Delicious | Hatena Bookmark | Twitter

icon
 
今やその数14万本を超えるiPhone用アプリ達。実に様々なジャンルのものがリリースされていますが、その中でもカメラ系アプリは常に存在感のある盛り上がりを見せています。特に根強い人気を誇るのが、独特のこってり感と”写っていなさ”を再現するトイカメラ風アプリケーション。
フィルムのトイカメラを愛用している方にはデジタル処理による再現という嘘っぽさが気に入らない、という方も多いでしょう。けど、iPhoneがあるのなら試してみないのは勿体ないですよね。なにせ今回ご紹介する”MORE LOMO”は、無料アプリなんですし。

トイカメラらしいシンプルな操作性

lomo1
早速インストールして撮影してみました。とてもケータイのカメラとは思えない”それっぽさ”に驚きです。
LOMOのLC-Aといえばフィルムトイカメラの代名詞。時代の流れで二度も生産が中止されてしまいましたが、その度に世界中のファンからの熱い要望によって生産が再開されたという経緯を持つ愛されカメラです。
ルーツがトイカメラなだけに、MORE LOMOの操作性はとてもシンプル。画面をタップしてシャッターを切るだけです。あとは保存する際に補正前の画像を一緒に保存するかとか、画素数の大小を選ぶとか、それだけ。シンプルな機能が面白い写真を撮るということに意識を集中させてくれます。

驚くほど自然な使い心地

lomo2
不思議なことにMORE LOMOで写真を撮ると、このシーンを撮ったら恐らくこういう絵になる、という予想がことごとく当たるのです。これは仕上がりを予想しながら撮るフィルムカメラと、すごく感覚がリンクする自然な使い心地です。それでいてどうやらランダムで色が転ぶようなプログラムが組み込まれているらしく、ちょっとしたアクシデントも起こるところがなんともトイカメラです。憎い。
lomo3
iPhoneのカメラが広角気味の単焦点レンズということもあって、街角スナップとの相性は抜群。iPhone自体、常にポケットに入れて持ち歩くものですしね。シャッターラグや形状から来る手ブレのしやすさといった不便はありますが、何せ元はトイカメラ。スナップカメラとしての実用性はむしろ本家より優れているのではないでしょうか。
画素数を上げて撮ると保存に時間がかかってしまうところはもったいないけど。

iPhoneを実用的なスナップトイカメラに

lomo4
カメラアプリを切り替えるだけでこれだけ写真を撮るモチベーションが上がるとは、正直意外でした。とにかく写真を撮りたくなるのです。
今回ご紹介したMORE LOMOに限らず、App Storeでは様々な有料/無料のカメラアプリがリリースされているので、更に自分のスタイルにフィットしたアプリを探してみるのも良いですね。

2010.2.6 update

タグ: , ,

関連記事