キラリと昭和が散りばめられたレトロワールド”a.m.a. store”

Service  >> Delicious | Hatena Bookmark | Twitter


アンティークといえばやはり欧米を想像しがちですが、地域それぞれの文化が今よりも濃厚だった昔の生活風景って、欧米だけでなくもっと様々な、特徴的なイロやカタチの宝庫だったんじゃないかと思うんです。そんなことをこのお店を見つけたときに思いました。
今回はこちら下北沢、昭和時代に日本で製造されたUSEDの家具や雑貨を取り扱うお店「a.m.a. store」をご紹介します。

見渡す限り”昭和”


溢れんばかりに”昭和”が凝縮された店内。いろんな家庭の食卓を集めてひっくり返したような雑多感。とにかく商品の数が多くて、しかもどれもが個性的で愛嬌を持っているものですから、目移りしてしまうことは必至です。


こういうお鍋、実家にひとつくらいはありますよね?? 作者不明の商品達ですが、丁寧に検討された形跡のある色や形から放たれるオーラは、決して著名デザイナーの名作に負けないものがあると思うんです。


USEDの家具も所狭しと並んでいます。渋い。
欧米への憧れが強かった時代のものが多いからかそれを強く意識した形が多いのですが、やはり作り手は日本人なので、そういうセンスも残ってしまうんですよね。
そのいわゆるパクリのようなところから感じられる”胡散臭さ”が、洗練されたオリジナルよりもむしろクセになってしまいます。


イラストがプリントされたガラスコップ。かわいい!これをたくさん食卓の上に並べてホームパーティなんて、楽しそうです。

欧米のアンティーク

いかがでしたでしょうか。「欧米化」と「けどやっぱり日本人」という思いが模索しながら織り交ぜられていった時代の、恐らくもうこの先は生まれてくることのないであろう色や形。私も生粋の日本人だからなのか、思わず長居してしまいました。
 
商品の入れ替わりが早いようなので、定期的にチェックされた方が素敵な出会いがありそうです。そして”これだ!”と思ったら迷わずに買ってしまうことが、良いお買い物をするための秘訣かもしれませんね。


住所:東京都世田谷区北沢3-34-2
アクセス:小田急小田原線/京王井の頭線 下北沢駅西口より徒歩5分
開店時間:13:00〜21:00(不定休、配達等により開店時間が変わる場合有り)

2010.3.2 update

タグ: , , ,

関連記事