MUSIC SCRAPS 011:”Yanokami / Yanokami”

Service  >> Delicious | Hatena Bookmark | Twitter

”Yanokami”は、矢野顕子とレイ・ハラカミによる同名のユニットYanokamiのデビューアルバムです。
矢野顕子はピアニスト / シンガーとして、レイ・ハラカミはテクノ / エレクトロニカアーティストとして、それぞれ類い稀な才能を誇る彼らが共作したこのアルバムは、期待通りの素晴らしいものでした。

聴いてまず感じたことは、このプロジェクトが、ただ大物同士がコラボレーションしただけに留まってはいないということです。それぞれが自分の領域で最大限に力を発揮していて、それが上手く絡み合い、至高のサウンドを生み出しています。

具体的に言えば、矢野顕子はその歌声、そしてソング・ライティングで。レイ・ハラカミはシンセサイザーの音作りも含めた、全体のサウンド・プロデュースで、です。

アルバム全体を通して、矢野顕子の楽曲の素晴らしいポピュラリティはそのままに、レイ・ハラカミが見事な味付けを施しています。ついつい「味が濃く」なってしまいがちなシンセサイザーの音ですが、最高の素材である矢野顕子の歌声を邪魔しないそのサウンド・ワークは、非常にスマートです。

これだけ上質なポピュラー・ミュージックはなかなか聴くことができません。普段どんな音楽を聴いている方にもお勧めできる、素晴らしい作品です。

2010.3.8 update

タグ: ,

関連記事